「日本の森を育てる社会の仕掛けづくり」
これがWPPCの役割です。
WPPC(木質ペレット推進協議会)は、木質ペレット燃料の普及を通じて低炭素型循環社会をつくることが最大のミッションです。
「日本の森を育てたい」WPPCの原点は自然の中にあります。
現在、日本には使われていない森林エネルギーが豊富にあります。
その賦存する森林エネルギーを木質ペレット燃料化し、地域内の農林水産業や住民生活に有効活用することで、地域の活性化と低炭素社会の実現を目指します。
カーボンオフセットの取組による地域活性。
「新潟市木質ペレット使用によるJ-VERプロジェクト」
(石油の里から木質エネルギーの里へ代替プロジェクト)
かつて石油の産出日本一であった新潟市にいつ丘陵地をメインステージに森林の整備を促進し、その未利用材を原料とした木質ペレットを地域の新たなエネルギーとして産出し、これまで燃料として化石燃料を用いていた新潟県内の園芸農家・公共施設・一般家庭のストーブの燃料として用いることで、森林資源の保全を図りつつCO2排出削減を行うものです。そして、その削減されたCO2クレジットをカーボン・オフセットに取り組む環境先進企業と取引を行い、地域の森林資源の保全に役立てるとともに、参加者様に対してはペレットで育てたお花で還元しようというプロジェクトです。
モア・トゥリーズ(代表:坂本龍一)と 森林づくりパートナーシップ基本協定を締結。
木質ペレット推進協議会は、一般社団法人more trees (代表:坂本龍一)および新潟市との間で、森林づくりに関するパートナーシップ協定を締結し、木質エネルギーの普及や森林整備を促進し、カーボンオフセットの連携を進めることとなりました。木質ペレット推進協議会は、地域の未利用材を再生可能エネルギーとして活用すべく、木質固形燃料“ペレット”の普及に努めてきました。そうした中、日本や世界の森を再生させることを目的として活動している森林保全団体more treesと共に森林づくりを進めることにより、都市と地域との連携強化を図っていきます。
木質ペレットの流通整備
木質ペレットは、配送による温室効果ガス削減という観点から、消費者の居住地に最も近い国内産間伐材由来の木質ペレットを使用することが最適です。そのためWPPCの木質ペレット販売WEBサイトは、日本国内のペレットプラントをマップ化しトレーサビリティを明確にすることで、購入者は居住地の同一県内のペレットプラントからのみ購入可能なサイト作りをしています。また、日本郵便と提携し全国の木質ペレットの配送を一元的に管理することによる配送コストの低価格化を目指しています。
木質ペレットの品質規格の普及
木質ペレットの普及が進むにつれて木質ペレットの品質について一定の基準を定める必要性が求められてきています。国内ではすでに2〜3の自主規格・規格案が提案されていますが、規定項目や基準値等の相違が多く見られます。
そのためWPPCでは、国内の自主規格・規格案の現状を調査すると共に、木質ペレットの製造技術、ストーブとの相性、燃焼性、安全性などを多角的に検討し、木質ペレットの適正な利用の促進を図ります。