「オフセット・クレジット(J-VER)」
「オフセット・クレジット(J-VER)」とは、環境省による「カーボン・オフセットに用いられるVER(Verified Emission Reduction)の認証基準に関する検討会」の議論におけるオフセット・クレジット(J-VER)制度に基づいて発行される国内における自主的な温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトから生じた排出削減・吸収量を指します。カーボン・オフセット等の自主的な取組に活用可能です。
J-VERとして認証を受けるメリット
気候変動対策認証センターに「オフセット・クレジット(J-VER)」プロジェクトを申請し、J-VER制度に基づいた検証等を受けることによって、J-VERプロジェクトとして認証を受け、オフセット・クレジット(J-VER)の発行を受けることができます。
気候変動対策認証センターから発行されたオフセット・クレジット(J-VER)は、カーボンオフセット等に活用が可能で、市場における流通が可能となり、金銭的な価値を持ちます。そのため、J-VERプロジェクトの実施者は、このクレジットを売却することにより、収益を上げることが可能です。したがって、これまで費用的な問題で温室効果ガスの削減を実施できなかった事業者や、管理が必要な森林を多く所有する地方自治体等に とっては、温室効果ガス削減プロジェクトの費用の全部や一部を、J-VERの売却資金によって埋め合わせることが可能となります。
オフセット・クレジット(J-VER)の創出は結果的に、国内におけるプロジェクトベースの自主的な排出削減・吸収の取組を促進することになり、国民運動として進めている「低炭素社会形成」を促す原動力となります。