木質燃料ペレットって?
化石燃料に替わり、地球環境優しい代替えエネルギーとして注目を集めているのが木質ペレット燃料です。森林資源豊かな日本にとって効率的にエネルギーを作り出すことが出来る、この木質ペレット燃料を紹介します。
ペレット燃料とは?
ペレットは、再生可能で地球環境にダメージの少ない木材を原料にした新しい燃料エネルギーです。原料には、間伐材や製材端材が使われ、乾燥→破砕→圧縮することで小粒状の固形燃料になります。また、灯油のような液体燃料と違い、漏れたり染みたりする心配がなく、嫌な臭いもありません。CO2削減に大きな効果が期待できるペレット燃料は、再生可能な地上資源として、地球温暖化問題の解決策としても注目されています。
木質ペレットって何がすごいの?
ペレット燃料のもとである樹木は成長過程で光合成する時に、CO2を吸収しています。それを燃やして出るCO2は、もともと樹木が吸収したCO2が空気中に戻るだけなのです。きちんと植林をすれば、再び光合成をして大気中のCO2を吸収しながら成長し、また燃料として活用できる資源となります。この循環を「カーボンニュートラル」と呼び、新たなCO2を生み出すことはありません。石油などの化石燃料を使用しない分だけ、CO2削減ができるエネルギーなのです。
原材料はあなたの近くの山です。
ペレット燃料の主な原料である木材は、森林の手入れのために密集化した立木を間引いた間伐材です。建築木材としても、再利用も難しいことからこれまではお金をかけて燃やすか廃棄するありませんでした。ですが、ペレット燃料が普及することで資源として利用できるようになります。燃料を海外から輸入するのでなく、日本の森林の手入れしながら生産することができるのです。また、地元の山で生産されたペレットを地元で消費することができるのでムダな輸送費・CO2の削減にもなります。