未分類

若ハゲ改善に効果があるたった2つの方法!実際に改善できた方法はこれ

若ハゲを改善するために効果的な方法をまとめました。

ネットで調べると効果のない間違った方法がたくさん紹介されていますが、

間違った方法では若ハゲが改善されないばかりか、時間もお金も無駄になるだけです、、、

今回は、28歳で若ハゲを解消した実体験を踏まえたうえで、効果的な若ハゲ改善方法について紹介していきます。

若ハゲの改善に効果があるのは薬と育毛剤だけ

はじめに結論を書いてしまうと、、、

厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めている成分が含まれているのは、薬と育毛剤だけです。

世の中には、いろいろな育毛グッズが販売されていますよね。

シャンプー、サプリメント、スカルプ化粧品…

でも、効果がしっかりと認められているのは、薬と育毛剤だけなのです。

言い換えれば、これ以外に薄毛に効くのはありません。

シャンプーやサプリメント、その他の育毛商品のパッケージを見てみるとわかりますが、「薄毛に効く」という文字は一文字も書かれていません。

これは、厚生労働省からの許可がないために書けないんです。

もちろん、シャンプーやサプリメントなどを使うことは良いことです。

けど、”それだけ”では効果は期待できないので、薬か育毛剤を使ったうえで、補助的な役割としてシャンプーやサプリを使うべきなんです。

私はこのことを知らずに、若ハゲを改善するために半年ほどシャンプーにばかりこだわっていました。

「テレビCMでよく見るスカルプシャンプーを使って皮脂を洗い落とせば毛は生えるはず!」と勘違いしていました。

当然、シャンプーにどれだけ時間やお金をかけても全く若ハゲは改善されず、むしろどんどん酷くなっていきました。

そんな時、育毛剤を使うようになり、気が付けばあっという間に若ハゲが改善できたのです。

とはいえ、誰もが育毛剤を使えばよいというわけではないですし、全ての育毛剤が効くわけでもないので気を付けてください。

まずは、薄毛に効く効果が認められている「育毛剤」と「薬」のどちらを使うべきか、解説していきます。

若ハゲ改善には薬と育毛剤のどっちが良い?

まず、薬と育毛剤では効果も違いますし、副作用のリスクも違います。

治療方法も違いますし、入手方法も違います。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、両方の違いを知ったうえで、あなたに合った方法を選べばよいです。

別にどちらが良いとか悪いという話ではないです。

薬のメリット・デメリット

薬のメリットは発毛が期待できる、つまりフサフサに復活できるということ。

「ハゲがかなり進行しているけど、毛を生えさせてフサフサまで戻りたい!」という人は、薬を使った治療を受けるべきです。

デメリットとしては、薬による副作用のリスクがあるということ。

具体的には、

  • 精力減退
  • 勃起不全(ED)
  • 内臓への負担
  • 多毛症(全身が毛深くなる)

というのが、製薬会社が発表しています。

薬は毎日飲み続けて、毛を抜けさせる男性ホルモンにも影響が出るので、精力や男性機能に関するものが目立ちます。

また、薄毛治療は保険が効かないので、治療費が高いのもデメリットです。

病院によって治療費は違いますが、月3万円前後の費用が必要なことが多く、年間30万円ほど支払う場合が多いです。

治療内容によってはもっと高額になる場合があるなど、まだまだ手軽に続けられるわけではないですね。

育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤のメリットは、発毛促進や抜け毛の予防効果があるにも関わらず、副作用のリスクはほとんどないことです。

最近では、無添加で肌刺激が心配されている成分が入っていないものもありますし、アレルギーテストを実施しているのもあります。

副作用のリスクを心配せずにハゲ対策を始められるので、まずは育毛剤から!という人は多いです。

また、毎月の費用も薬に比べるとかなり安いのもメリットです。

育毛剤なら毎月数千円程度で始められるので、試しやすく続けやすいです。

育毛は最低6か月程度は続けないといけないので、金銭的にも負担が少ないので育毛剤を選ぶ人は多いですね。

デメリットは、薬に比べれば効果が弱く、完全にハゲてしまっている人ではほとんど実感できないということ。

育毛剤は薬のように毛を生えさせることはできません。

あくまでも今生えている毛を育毛するものなので、既にハゲがかなり進行してしまっている人には向かないです。

どちらを選ぶかはあなた次第

薄毛の進行状況や、副作用のリスク、金銭的な負担など、人によって考え方は違います。

たとえば、「既にハゲが酷くてツルツルなので、発毛させるしかどうしようもない!」という人なら、病院で薬を処方してもらうべきです。

一方、「ハゲが気になり始めた初期で、まだ毛は生えている」「薬の副作用は避けたい」という人なら、とりあえず育毛剤を使って対策するのも選択肢の一つです。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

ちなみに、私は若ハゲ改善のために育毛剤を使って無事に復活することができました。

当初は、薬を使うかどうか悩んでいましたが、

・薬の副作用で悩んでいる人は少なくない
・ハゲ初期で毛が生えているなら、育毛すればよい

ということを知ったので、「とりあえず育毛剤を試してみるか」ということで始めました。

効かない育毛剤を買ってしまったりもしましたが、何とか相性が良いのを見つけて、今に至ります。

ハゲが解消された今では、ストレスフリーな生活を送れるようになりました。

どちらを使ってい対策を始めるべきか悩んでいるなら、まずは育毛剤から始めてみると良いです。

育毛剤を使って実感出来れば、身体への負担はほとんどありません。

毎月の費用も少なくて済むので、浮いたお金で遊びにだって行けます。

もし育毛剤で実感できなければ、その時に病院への治療を検討すればいいだけです。

別に育毛剤を使ったら薬を使えないわけではないですからね。

実際に使って効果を実感できた育毛剤については、次の記事で詳しく紹介しています。

私が若ハゲ改善のために使ったのも解説しているので、育毛剤選びの参考にどうぞ。

参考:若ハゲに効く育毛剤

若ハゲの進行度別におすすめの改善方法

「薬と育毛剤のメリット・デメリットはわかったけど、自分にはどっちが向いているのかわからない…」

そんな方のために、進行度別におすすめの方法を解説しておきます。

もちろんこの通りにする必要は全くないですが、一つの参考になればと思います。

若ハゲ初期

ハゲが気になり始めた初期段階(まだ毛は生えているけど、地肌が透けてきている)なら、育毛剤を使っておくと良いです。

ハゲ初期は、毛がなくなっているのではなく、1本1本が細くなっているだけ。

その結果、地肌が透け始めて、ハゲが気になるというわけです。

つまり、発毛させるのではなく、今生えている毛を育毛するだけで十分復活することは可能です。

育毛剤を使えば、今生えている毛を育毛することはできます。

また、抜け毛の予防効果もあるので、攻めと守りの両方の働きが期待できます。

ハゲ初期の段階なら、副作用のリスクも少ない育毛剤から始めると良いでしょう。

食生活の見直しも必須

育毛剤を使うのと同時に、生活習慣の見直しもしっかりと行うようにしましょう。

具体的には、食事・睡眠・運動です。

中でも食事は育毛においてもめちゃくちゃ大事です。

というのも、髪の毛は食べたものから作られるので、髪の元となる栄養素を不足なく補うことが必要になります。

せっかく質の高い育毛剤を使っていても、そもそも髪の毛の元となる栄養素がなければいつまでたっても実感することは難しいです。

髪の毛のことを考えるなら、次の栄養素は毎日しっかりと補っておきましょう。

<髪の毛に必要不可欠な栄養素>

  • タンパク質
  • アミノ酸
  • ビタミン類
  • ミネラル類

これらの栄養素の中には、体の中にためておけないもの、食事から摂らないと生成できないものもあります。

そのため、毎日必ず取ることが欠かせません。

とはいえ、いきなり食生活をガラッと変えるのは難しい人もいると思います。

私も食事を変えようと自炊を始めたのですが、料理をする時間、レシピを考える時間、材料を買いに行く時間がなくて、結局自炊は続けられませんでした。

そういう場合は、サプリメントを使えば必要な栄養を手軽に補えます。

私は自炊が向いていなかったので、今でもサプリメントを飲んで不足する栄養を補っています。

サプリメントなら寝る前に数粒飲むだけで、髪の毛の元となる栄養素を補えるので簡単です。

育毛剤を使っているなら、サプリメントは一緒に使っておいた方がより実感しやすいのは言うまでもありません。

私が愛用しているのは「イクオスサプリexプラス」というサプリメントです。

日本マーケティングリサーチ機構の調査では、国内のサプリメントの中で一番成分数が多いことが認められています。

他のサプリメントなら2つ3つと併用しないと補えない栄養を1つで補えるのでめちゃくちゃ助かっています。

育毛剤イクオスとセットで買うとかなり安くなるのでおすすめです。

>>> イクオスサプリexプラス(公式サイトへ)

若ハゲ中期以降

ハゲが進行していて、毛が生えていない場合は、病院での治療を受けるべきです。

この状態で育毛剤を使っても、育毛すべき毛がないのでほとんど実感できません。

病院を受診して、発毛効果のある薬を処方してもらう必要があります。

どのような薬を使うのかについては、担当医と相談しながら進めていくことになります。

若ハゲを改善するために私が取り組んだ4ステップ

私が若ハゲを改善するために取り組んだ方法は4ステップ。

簡単なことですが、実際に取り組めば多くの人が実感できると思うので参考にしてみてください。

1.育毛剤を使う

若ハゲを改善するためには、何よりもまず育毛剤を使うことが第一優先です。

先にも書いた通り、シャンプーやサプリ、頭皮マッサージ”だけ”では薄毛に効く効果はありません。

私はこのことを知るまで数ヶ月シャンプーにばかりこだわって、本当に無駄な時間を費やしてしまいました
(もっと早くから育毛剤を使っていれば、ハゲのストレスで悩む時間ももっと短くてよかった・・・)

若ハゲ改善には、育毛剤を使うことが第一ステップです。

私の場合、臨床試験でも効果が認められた「イクオス」を使っていました。

効くのかどうかわからない育毛剤が多い中、イクオスは臨床試験で効果が実証されています。

日本臨床試験協会(JACTA)が実施した試験では、たった3か月イクオスを使っただけで、、、

写真で見てもわかるくらいの効果を実感されています。

もちろん一人だけではなく、臨床試験では多くの人がイクオスの効果を実感。

私はいろいろな育毛剤を調べて比較しましたが、これほど効果が明らかになっている育毛剤は他に知りません。

イクオスがこれだけ効果がある理由は、独自成分「アルガス-3」が入っているから。

この成分は、製薬会社と育毛剤メーカーが共同で開発した成分で、他の成分よりも優れていることが試験がわかっています。

海外のメーカーが開発して効果が実証された「キャピキシル」「リデンシル」との比較試験では、

アルガス-3(イクオス)を使ったグループ群の方が効果を実感しました。

アルガス-3については医師も評価しており、「薄毛治療の根本に迫るもの」だとコメントしています。

イクオスの臨床試験結果は医療関係者が読む「診療と新薬」にも掲載され、専門家の間でも話題になっています。

臨床試験で効果が出たというだけあり、私も実際に実感できましたし、多くの人が若ハゲ改善として使っています。

正直、育毛剤を使うならイクオスを選んでおけば間違いないです。

効くのかどうかわからない育毛剤を使うくらいなら、効果が実証されたイクオスを選んだほうが賢いでしょう。

>>> イクオス(公式サイトへ)

2、サプリメントも使う

育毛剤イクオスには、サプリメントもセットで注文できるプランがあるので、一緒に注文していました。

イクオスは育毛剤が優れているだけではなく、サプリメントも業界ナンバーワンだと認められています。

先にも書いた通り、髪の毛は食べたものから作られるので、普段の食事から栄養を補うか、それが無理ならサプリメントから補うことが必要です。

イクオスサプリメントには、50種類以上の毛髪成分が入っているので、とりあえずこれだけ飲んでおけば最低限の栄養は補えます。

イクオス育毛剤を使っている人の多くがサプリメントを併用して実感しているようなので、悩んでいるならサプリメントは一緒に飲んでおくことをお勧めします。

サプリメントには普段の食事では摂れないけど、臨床試験でも結果が出ている「ノコギリヤシ」なども含まれています。

育毛剤とサプリメントをセットで使うことで、より実感できたと思っています。

>>> イクオスサプリメント(公式サイトへ)

3、運動と睡眠も意識する

食事の見直しだけではなく、運動と睡眠も意識するようにしました。

生活習慣は髪の毛にダイレクトに影響するので、本気で何とかするなら育毛剤だけに頼るのではなく、できることはすべてやるのがベストです。

運動については、意識的に散歩を採り入れるようにしました。

私は学生のころから運動をあまりしてこなかったので、いきなりハードなトレーニングは抵抗がありました。

とはいえ、何もしないのは髪の毛にも良くないので、とりあえずウォーキングを意識するようにします。

ウォーキングを採り入れてどれだけ育毛に繋がったのか?というデータはないですが、毎朝寝起きが楽になったのは実感できています。

全身の血流をよくすることは育毛においても重要なので、意識してみてください。

また睡眠については、寝る前のスマホやパソコンを辞めたり、ストレッチを意識するなどを採り入れました。

こちれもどれだけ育毛に成果があるのかはわかりにくいですが、入眠時間が圧倒的に短くなりましたし、明らかに寝起きの身体が軽くなりました。

運動や睡眠で体の疲れやストレスを解消することは、育毛にも良いといわれているので、時間がある場合は試してみる価値はあるかと思います。

4、効果が実感するまで続けた

育毛剤と生活習慣の見直しをとにかく効果を実感するまで続けました。

私の場合、イクオスとイクオスサプリを使い始めて4か月程度でお風呂での抜け毛が落ち着き、半年頃にはハゲがわからないレベルに復活できました。

イクオスの臨床試験では3か月で効果を実感している人が多かったので、最低でも3か月は継続することをお勧めします。

育毛剤を使ったけど効果が出なかった人の多くが、

・1か月や2か月で辞めてしまった
・毎日使うのが面倒で途中で辞めてしまった

というように、継続できずに挫折してしまっている人がほとんどです。

イクオスのように効果が実証されているものでも、続けられなければ効果は得られません。

特に髪の毛は一朝一夕で復活するものではないので、最低でも3か月は続けるようにしておきたいですね。

最近の研究では、週4日以上3週間続けると習慣化しやすいことが分かっているようです。

せっかく育毛途中で良い感じになっているのに辞めてしまっては意味がありません。

若ハゲを改善するなら最低3か月は継続することを意識しておきましょう。

まとめ

若ハゲを改善するためには、とにかく行動することが必要不可欠です。

何もせずに放っておけば、今日より明日、明日より明後日…と、ハゲはどんどん酷くなっていく一方です。

「薄毛対策は1日でも早く始めて継続することが大事」と専門家も口をそろえて言います。

育毛剤を使うのか、薬を使うのか。
それはあなたの考え方や薄毛の進行状況に応じて決めればよいと思います。

どちらにするのか決められないなら、とりあえず育毛剤から始めてみることをお勧めします。

育毛剤なら今すぐネットで注文して、数日後には家に届いてすぐに対策を始められます。

副作用の心配もないですし、数千円で始められます。
しかも、ほとんどの育毛剤には返金保証が付いているので、効かなければ返金してもらえます。

実質ノーリスクで始められるというわけです。

何もしなければ、次第に薄くなっていくだけなので、今すぐ行動を始めましょう。

<若ハゲ改善のために使ったアイテム一覧>